1. 善玉元気

  2. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

  3. ラクトプランL-137

    ラクトプランL-137


乳酸菌は何故便秘に良いのか

乳酸菌と聞くと、お腹(腸)に良いというイメージが、まず頭に思い浮かぶのではないでしょうか? 便秘や逆にお腹が緩いなどの症状のある方は、ヨーグルトのようなモノを食べるのは勿論、 中には乳酸菌の入った薬などを服用されている方もいることでしょう。 しかしその乳酸菌にどうして「整腸作用」があるかと聞かれると、説明出来る人はなかなか居ないのも現実かと思います。

【生きた乳酸菌の効果】

人間の腸の中には、いわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれるさまざまな種類の菌が生きたまま住み着いていますが、 悪玉菌や日和見菌が増えると腸の状態が悪くなり、善玉菌が増えると、 腸の状態が良くなるのは常識として知られています。 勿論、乳酸菌は善玉菌の一種です。

善玉菌の中でも特に乳酸菌が腸内で増えると、まず腸の蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれる動きが活発になります。 主に乳酸菌が作り出す乳酸が腸を刺激することで、蠕動運動が活発になるからです。 この蠕動運動により、腸内にたまったカスが便として体外に排出されるわけですから、便秘に効果があるのも当然のことですね。

そして、乳酸菌自体にも腸の水分や栄養の消化吸収を高める能力がありますので、 効率よく便を作り出す能力が高まることも、便秘に効果がある理由として挙げられます。

【死んだ乳酸菌の効果】

生きた乳酸菌の効果は上記の通りですが、実は食事などで乳酸菌を摂取しても、 かなりの割合において、胃酸等で乳酸菌は活きたまま腸には届かないという現実があります。 加工などによって、この割合を高めているヨーグルトや薬剤などもありますが、 それでも限界はあるわけです。 また、外から取り入れた乳酸菌は、なかなか定着しないという研究結果もあります。

しかしながら、死んでしまった乳酸菌でも、十分便秘などの整腸作用に効果があるのです。 死んだ乳酸菌が言わば食物繊維のように腸内を掃除するのに役立つのは勿論、 乳酸菌が作り出した生成物の成分や乳酸菌そのものを構成している物質等が、 腸内に住み続けている「常在菌」と呼ばれる菌の中の善玉菌の増殖に役立つと言われています。 ですからヨーグルト等の乳酸菌食料・飲料を摂取した場合には、 体内で乳酸菌が死んでしまっても、中に含まれている成分などに十分意味があるということになります。

基本的に、腸内環境を整えるのに最も重要なことは、 善玉菌の常在菌を増殖させることだと考えれば、ある意味死んだ乳酸菌にこそ効果があるのかもしれません。 以上のような乳酸菌の働きのおかげで、便秘が改善されるということになります。

↓↓↓公式サイトにリンクしてます↓↓↓

ドラッグストアで売っている乳酸菌サプリの効果は?

結局のところは、ドラッグストアなどで簡単に買うことができる乳酸菌サプリメントもあるのですが、 安い値段で手に入れられるという良いところはあるのですが、 含有されている乳酸菌の数量やバリエーションが多くないので、 有効性もそこそこのものが多いようです。

通信販売のみでしか購入することができない乳酸菌サプリだったら? 乳酸菌サプリは、乳酸菌を凝縮して一般的なヨーグルトの何倍もの数量を手間いらずで摂取できたり、 バラエティー豊かな乳酸菌を取り入れたり、生きたまま腸まで到達するように乳酸菌そのものを良くしたり、 耐酸性カプセルを用いたり、乳酸菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖をプラスしたりと、 有用性がすごく望めるようにアレンジされています。 現実に効き目がしっかりと感じることができるものも多数あります。

なぜ通販限定なのか?けれども、健康補助食品、わかりやすく言うと食品というポジションということで、 効果や効力を表記することが認められていないということから、薬局やドラッグストアでは、 その特長をきちんと紹介することができないのです。 便秘薬・下剤のような医薬品や、整腸剤のような指定医薬部外品は、 効き目を掲載することが出来るものですから、その効能を表記しながら薬局においておくことで、 明白にどこに効果が見込める薬かということが、ユーザーに認識できるので、 ユーザーも承知して貰うことができるのです。

ですので、乳酸菌サプリにおいては、通信販売とすることでweb上にホームページを作成して、 一つ一つサプリメントの素晴らしいポイントを案内するような形で売り出しているのであります。 ユーザーもサプリメントをより納得して買うことができるので、 品質の高い乳酸菌サプリメントは通信販売としているのが大半です。

その乳酸菌サプリのオフィシャルWEBサイトが一番安価だという事実しかも、 基本的にオフィシャルWEBサイトが最も低価格で購入できるようになっています。 続けて購入するといった様な定期コースでは、さらに値引特典やプレゼントもあったりします。 楽天やアマゾンやyahooショッピングでも取扱っていまる場合もありますが、ほとんど割引はないのです。 そういうわけで、乳酸菌サプリを購入を考えてみるのならば、 通販オンリーの品質の高いサプリメントを買うのがベストです。

サンプル画像

乳酸菌の適切な摂取量は?

過剰に摂取しても問題ないのが乳酸菌

健康に良いとされる乳酸菌は、日常の食生活の中に当たり前のように入り込んでいます。 例えば、お馴染みのヨーグルトもそうですしチーズや味噌や醤油、 それに日本酒などの調味料に使用するものまで数えると、相当なものになります。 乳酸菌の場合は、こうした食品の中に存在するものを普通に食べている分には、 摂取量などを気にすることなく食べても良いです。

仮に過剰摂取しようとも、基本的には副作用はないと多くの医師も認めています。 乳酸菌は胃酸や胆汁に弱くその殆どが、腸に届くまでに死んでしまいます。 自分では乳酸菌を摂取しすぎかなと思われるかもしれませんが、 実際には然程問題ない摂取量に収まっています。

しかし、目安としては乳酸菌1mlあたり100万個以上を含む乳酸菌飲料、 または1mlあたり乳酸菌を1000万個以上含む乳製品が望ましいと言われています。 国の規定では乳酸菌を摂取する量は最低ここから、という目安はあっても、 これ以上は駄目という規定はありません。個々に腸内環境は違います。

善玉菌が少ない人は多く摂取量を設定した方が良いですし、善玉菌に溢れているような健康体であれば、 それこそ国の規定による最低ラインの摂取量でも構いません。 しかし腸内環境はいつも一定で保つのは難しいものです。体調を崩すと、腸に負担が掛かります。 免疫力が落ちてきたと感じたら、乳酸菌の摂取量も臨機応変に増やしてください。

敢えて摂取量に注意したい副作用を探せば・・

乳酸菌は、副作用がありませんので、神経質に摂取量を線引きしなくても良いのですが、中には例外もあります。体質的な問題や、薬の飲み合わせでは注意が必要になります。もし乳酸菌が体質にそぐわない場合は、無理に乳酸菌にこだわる事はありません。下記のような心配があるようなら摂取量を減らしてみたり、一時的にやめるのも致し方ないことでしょう。

乳製品にアレルギー反応がある場合

乳幼児に一番多いのが卵アレルギーですが、ついで多いのが乳製品アレルギーです。 牛乳たんぱく質のカゼインというものが、その主なアレルゲンです。 このカゼインは耐熱性なので、加工食品も油断できません。 発酵食品の場合もカゼインは分解されませんので、 乳酸菌の含まれるチーズやヨーグルトにも反応してしまいます。

ヨーグルト

アレルギーの怖いところは、食べてすぐに症状が出る場合もありますが、 接種後4時間~6時間過ぎてから出る場合もあり、予断を許さないところです。

主な症状は、腹痛・吐き気・下痢・蕁麻疹・目の充血・呼吸困難などですが、命に関わるのがアナフィラキシーショックです。臓器に複数の症状が出て、命に関わることになりますから、アレルギーのある場合は乳製品自体を自粛しましょう。先に述べましたように、症状が数時間後に起きてしまうために、アレルギーかの判別がつかない場合があります。一度病院でアレルギー検査などをしていくといいかもしれません。軽度のアレルギーの場合は摂取量を加減することで、乳製品を摂れることもあります。

糖分を過剰に摂取してしまうことも

乳酸菌飲料や、乳酸菌食品は美味しく味付けされているものが、多くあります。 特にヨーグルトなどは加糖されているものが多く、デザートとして食べる人も多いようです。 体のためにも乳酸菌は多く摂取したほうが良いのですが、加糖されているものを過剰に摂取して、 摂取量が多くなりすぎると肥満になったり血糖値が上がったりと、糖尿病の温床になることもあります。

平均体重よりも重い人は、カロリーを計算入れて、摂取量を確定して行きましょう。 または味気ないとは思いますが、プレーンヨーグルトをおすすめします。 または、サプリメントで乳酸菌を摂取することで、 血糖値のコントロールをしたりカロリーオーバーを防ぐこともできます。

特に糖尿病の診断を受けている人は糖分の含まれたヨーグルトなどは避けましょう。 もし、甘味を取り入れたいのなら、胃で吸収されないオリゴ糖で、甘味を持たせるなどしてください。 オリゴ糖の場合は血糖値が上がりにくいので、糖尿病治療にも使われています。 糖尿病

抗生物質との飲み合わせ

抗生物質は多様な疾病に用いられる抗菌物質です。 あまりにも効果が高いので腸内細菌も殺してしてしまいます。 その中には勿論、乳酸菌も含まれています。 そこで、病院では抗生物質と共に乳酸菌が配合された整腸剤を処方することも多いです。 これは、抗生物質によって善玉菌が大量に減ってしまうために下痢になりやすくなるのを予防するためです。 しかしここで注意したい事があります。

乳酸菌が含まれる乳製品にはカルシウムが含まれています。 抗生物質の中には、カルシウムのせいで効果がなくなるものもあります。 また、抗生物質と乳酸菌の飲み合わせは、消化不良なども引き起こします。 なるべく抗生物質と乳酸菌の飲み合わせは、病院で処方されるもの以外は避けた方が良いでしょう。 具体的には、テトラサイクリン系・ニューキノロン系の抗生物質を処方された時には、 乳酸菌の摂取時間や摂取量を調節した方が良さそうです。

乳酸菌を増やすと悪玉菌が抑制される

腸内バランスの理想と現実

10年ほど前には、腸内細菌の数は1人につき100兆個と言われてきました。しかし細菌の研究ではその5倍~10倍の500兆~1000兆個はいると言われています。しかもこの腸内細菌の総量は1.5kgもあります。肝臓と同じくらいの重さがあるのです。

この腸内細菌には種類があります。体になくてはならない、健康へと導いてくれる善玉菌、どっちつかずの態度でその時の腸内細菌の勢力の強い方に従う日和見菌と最後は、腸内細菌のヒール役悪玉菌です。

通常の健康な人の腸内細菌の割合は、善玉菌15%、日和見菌75%、悪玉菌10%程度で保たれています。善玉菌が15%あれば、残りの日和見菌75%もここに上乗せされますから、腸内は善玉菌90%と悪玉菌10%という勢力図になります。しかし、悪玉菌が少しでも増えると一気に日和見菌が悪玉菌になだれ込むので腸内の健康を損なうことになります。

腸はデリケートなので、いつも理想の腸内バランスを保てているかと言えばそうではありません。少しのきっかけで、バランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうことが多いのです。現実はそこまで楽観できるものではないのです。悪玉菌が増殖すれば、便秘になり、大腸がんなどの思い病気に罹患することもあります。なんとしても悪玉菌を駆逐していかなくてはならないのです。

乳酸菌が増えると悪玉菌は消えていく

悪玉菌を抑え込むのに、有効なのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内にも棲んでいる善玉菌ですが、ビフィズス菌が酸素のない場所でしか生息できないのに比べて乳酸菌は、酸素がある場所でも繁殖することができます。数としては善玉菌の0.1%にすぎない乳酸菌ではありますが、人間の体内だけではなくチーズやヨーグルトやキムチなどの、発酵食品の中にも含まれています。発酵食品の酸味は乳酸菌のおかげなのです。

乳酸菌は胃酸に弱いので、生きたまま大腸に到達するのは至難の業です。しかし死菌であっても悪玉菌を抑制することができます。悪玉菌は増殖すると、腸の壁を有害物質で痛めつけて、穴を開けたりしますが、こうした傷ついた腸壁を死んで大腸まで到達した乳酸菌が、保護して悪玉菌から守るバリアのような役目を担うのです。その為にも、多くの乳酸菌が必要になります。何も、無理に生きていなくてもいいので、多くの乳酸菌の死菌が大腸に到達することが大切になります。

生きているのか死んでいるのかは深く考えずに、多くの乳酸菌を腸に送り込むべく毎日乳酸菌を積極的に摂取してほしいと思います。もちろん、生きたままま腸まで届く、生菌も乳酸を作り出し悪玉菌を抑制するので、大歓迎なのは言うまでもありません。

自律神経を整えることで乳酸菌も働きやすくなる

悪玉菌が腸内に増えるのは、腸内環境のバランスが崩れているからに他なりません。腸は第二の脳と言われるほど過敏なものです。気持ちが優れずにストレスを抱えていると、途端に腸内バランスが崩れてしまいます。これは過度のストレスにより、副交感神経のスイッチが入らずに緊張状態の時に作用する交感神経が優位になっているからです。

うつ病の人の腸を調べると、その多くが荒れていて酷い慢性便秘や下痢を患っていることが多いです。不登校の子供が、登校前の朝に必ず腹痛でトイレから出られないという症例が多く報告されていますが、これは気の迷いでも怠けているわけでもないのです。実際に極度に緊張した状態で、交感神経が過剰に作用して腹痛を起こしているのです。

このように、精神的な疾患から腸内バランスを崩すことも多いのが腸の神秘です。まるでそこに心があるかのように反応を示します。自律神経が乱れているのに一生懸命乳酸菌だけを摂取しても焼け石に水、ということになります。乳酸菌の働きを良くして、悪玉菌を駆逐するためには、心の負荷を軽くしなくてはいけません。

自律神経を整えるには、まず早寝早起きをして昼間に働く交感神経と夜に働く副交感神経のスイッチを入りやすくすることです。また、朝起きたら朝日を見ると体内時計がリセットされて、自律神経が正常に動き出すようになります。規則正しい生活というのは、腸の中を整えて、悪玉菌を抑制する力を持つのです。

乳酸菌を摂取して悪玉菌を追放する

自律神経が正常化すれば、あとは乳酸菌を積極的に摂取するだけです。多忙な人にはサプリで摂取すれば毎日確実に乳酸菌を腸に送り込むことができます。悪玉菌の働きが弱体化すれば、一気に善玉菌が形勢を巻き返すので、そこからの追い上げは早く、あっという間に便秘などの悪玉菌の起こす諸症状を緩和することができます。

いつまた腸内バランスが崩れるのか分かりませんから、日常的に乳酸菌を摂取することを忘れないでください。特に、もともと胃腸が弱く小さな頃から便秘や下痢に悩まされてきたような人は遺伝的に、善玉菌を損ないやすい傾向にある場合もあります。腸の強い人はそこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが遺伝的に腸が弱く、身内に大腸がんなどの重篤な病気で他界されている人がいる場合は、乳酸菌を毎日摂取して、悪玉菌を駆逐してほしいと思います。

基本的に症状が出てからでは遅いので、出る前に対処したいものです。後手後手になると、そこから善玉菌を優勢にするのに、また日数がかかるからです。

ページの先頭へ