腸の中の善玉菌は大切なものというのはわかっていても、ヨーグルトを食べたりする他に良い方法ってなかなか無いものですよね。その善玉菌を増やすためにとっておきの方法があります。善玉菌の1種である乳酸菌が「乳酸菌EC-12」なら1日分、1袋(4粒)に何と一兆個も配合されています。すさまじい数字ですが、体内の菌の数は膨大で悪玉菌の数に対抗するにはこれくらい無いと物足りないのです。こんなにも多くの乳酸菌を凝縮することに成功したのも、(EC-12)の正式名称「エンテロコッカス・フェカリス菌」という乳酸菌の大きさに秘密があります。その大きさは何と500ナノメートルしかありません。この大きさは桿菌(かんきん)の5分の1ほどで、だからこそ1袋(4粒)中に1兆個という数を実現することができたのです。 乳酸菌の数が少量では善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるのも難しく、体内でいつまでもとどまっていられないことを考えればやはり多ければ多いほど期待値も高まるというものです。そもそもフェカリス菌というのはヒト由来の乳酸菌で、もともと体内にあるものですから、体内でも自然にやさしく働いてくれるというわけですね。 実は乳酸菌には死菌と生菌があり、生菌のほうが良いものと思いがちですよね。ところが生菌の場合は胃の消化液のせいでその多くが殺菌されて死滅してしまいます。これでは有効な働きは期待できませんよね。乳酸菌の(EC-12)は高度な加熱処理を行った死菌をわざわざ使用しているのですが、こうすることで消化も分解もされずに腸までしっかりと届いてくれるのです。この死菌は善玉菌のエサとなるため、善玉菌の増加に大きな効果があるというわけですね。さらにミルクオリゴ糖も配合しているのですが、このオリゴ糖は胃酸の影響を受けないためしっかり腸まで届きます。こちらも腸内で働く善玉菌の養分となる大切な存在と言えるでしょう。 腸の健康を考え、毎日の生活に潤いをと考えている方には是非この「乳酸菌EC-12」をおすすめしたいです。飲みやすい粒タイプと顆粒タイプがありますのでお好みのものをお選び下さい。

サンプル画像