乳酸菌革命

もとから乳酸菌は便秘の解消だったり下痢の解決を促すものです。 だけども、乳酸菌革命を口にすると下痢になってしまう人がいるのです。 こういった症状が発生するのは果たしてなぜでしょう。

ヨーグルトであったり乳酸菌飲料だったら乳酸菌の量もあまり多くないし、 冷えた水分を口にすることが腸のトラブルに結び付くので、下痢を引き起こすのも理解するのですが……。

ほかにも、牛乳を飲んだら下痢になるといった方もたくさんいるのですが、その原因とされるのは、 牛乳に含まれている乳糖を分解しようとする酵素が身体の中で減少していて、消化不良になるというもの。 乳酸菌革命は当たり前ですが牛乳じゃないわけですし、多くの水分を含んでおりません。サプリメントなのです。 それにもかかわらず下痢になる人が出てくるといったことは、果たしてどんなところに原因があるんでしょう?

人はどうして下痢になってしまうのか?

下痢になる原因は何個かあります。胃腸機能の悪化、水分の摂りすぎ、不要な物質の排出、 腸内細菌の異常などがそうです。水分摂取があまりにも多いと、腸からの吸収、 尿としての排泄ではつり合いがとれないで、便まで水分が多くなって柔らかくなっていくのです。

さらにストレス・食生活の乱れ・油分を多く含むメニューの摂取が続くと胃腸の機能は悪くなって、 下痢の症状が発生しやすくなってくるのです。 乳酸菌革命で下痢を生じさせる人のケースでは、これについては腸内細菌の影響とか、老廃物を外に出すの2つ、 といったことが多いみたいです。

腸中においての悪玉菌が増加すると便秘・下痢につながります。

ところが、腸内細菌のつり合いが急に変化を見せた際も、腸がその移り変わりに対応できず、 下痢を引き起こしてしまうのです。 善玉菌として一般に良く知られているビフィズス菌には、腸に刺激をもたらして便通を促す働きをしてくれます。 それを受けて、腸内のビフィズス菌が急に増えると、便の腸の中での滞在時間が短くなり、 腸壁が水分を取り込むより先に下痢便となって外に出てしまうのです。 そして、いくら善玉菌と言えども腸内の細菌がたくさんになりすぎた時には、 からだはその多すぎる菌を異物と判定してしまうので、これまた下痢として排出することになってくるのです。

乳酸菌革命は生きたままの乳酸菌を腸まで送り届けるサプリメントです。

口に入れると、それまでは悪玉菌が優勢に立っていた腸内の状態が、速いテンポで善玉菌優位になってくるのです。 それと配合成分にはビフィズス菌を増加させる働きが備わったものが多いのです。 そんな感じで腸内細菌のつり合いが変わってしまって、ビフィズス菌が増え過ぎの状態になったことで、 下痢を引き起こす事があるわけです。

下痢になったら飲むのはストップするべきか?

今の状態で飲み続けて良いのか 乳酸菌革命を摂り入れた後下痢になってしまうと、その状態で飲み続けて良いのか、心配になってしまいますよね。 ですが、ちょっと待って下さい。この状況で飲むのをストップすると、腸内の善玉菌はまたしても減少してしまいます。

前の方で説明したように、この下痢になる原因は、急な腸内環境の変化とビフィズス菌の増殖です。摂取量を自分のやり方で調整して、途中で止めずに飲み続けていく方がいいと思います。始めのうちは腸内環境の変化でアンバランスになった腸も、3日も時間が経過すればその環境に慣れて落ち着きを取り戻してます。どうにか悪玉菌が少なくなれば、善玉菌が多量に発生するという状態は発生しにくくなるため、下痢もいつの間にか治まってくるでしょう。

大腸内の善玉菌は、だいたいがビフィズス菌

ビフィズス菌を増やすことにより、健康的な腸をキープしたいものです。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら