2017年8月4日

デブ専デリヘルのこと2

ベッドのある部屋へ戻ると、彼女は、デーン!!とベッドの上で大の字になりました。
「さ〜て、どうやって捌いてやろうかな・・・。」
と思っていると、彼女から「キスしたい」と言われたので、そのまま上に乗ってキスをしました。
キスをしているうちにハアハアと息遣いが激しくなって来たので、すぐに興奮しているんだとわかりました。
興奮した彼女はなんだか可愛らしく思えます。
私は大きなおっぱいにしゃぶりつきました。
横乳、下乳、乳首と、いろいろな部分を丁寧に舐めてあげると、彼女はとても気持ちよさそうな目つきでこちらを見ています。

あそこを触ってみると、もう濡れていました。
ビッショビショになってシーツまで濡れていましたが、私はもっと濡れるようにクリトリスを優しく撫で回します。
指を次第に速く動かすと、彼女は「いっちゃう〜!!!」といって大きな体を震わせました。イク瞬間、私を掴んで来たのですが、かなり力が強くて後日腕を見たら内出血している程です。
満足したかに見えた彼女ですが、もう一度イキたいそうで、今度は指を入れてGスポットあたりを高速で刺激してやると、なんと潮を吹きながら昇天してしまったのです・・・。
絵に描いたように気持ちよがる彼女を見ると、こちらもものすごく興奮してきます。
私も我慢できなくなってしまって、おっぱいの間にチンコを挟むと勢い良くピストン運動を行いました。

大きなおっぱいは本当に気持ちが良くて、挿れるよりも気持ちが良いのではないかと錯覚してしまうほどです。
しばらく高速で動かしているうちに感覚がなくなって来て、気づいたら彼女の顔に大量にぶっかけてしまいました。
今思えば、生まれてこの方顔射したことがなかったので、この子が初顔射ということになります。

こんなおデブちゃんが顔射第一号かと思うと、ちょっとあれですが、気持ちが良かったからいいでしょう。
変な思い出になってしまいましたが、デブだけに一生の思い出になりそうです(笑)

私はパイズリだけでは満足できず、素股でもフィニッシュしたくなりました。
デブだけに素股でも相当気持ちが良いはずなんです。
彼女を四つん這いにさせると、バックの体勢でチンコを太ももに挟みました。
そしてローションをたっぷりと付けて腰を動かすのでです。

これって入ってるんじゃないの???と思うほど挿入している感触に似た感じでした。
程よい締め付けとローションのヌルヌルで、あまりにも気持ちが良かったので、早いですが、2回目のフィニッシュとなりました。
デブでこんなに楽しめるとは思ってもいなかったので、今回も成功と言えるでしょう。
料金も安いし願ったり叶ったりです。

毎回はちょっときついですが、お金がないのにデリヘル遊びしたい方や、新鮮味を求めている方にとっては良い選択ではないでしょうか?
可愛い子が来ればラッキー!というスタンスで利用するのが一番良いと感じましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です