2017年12月28日

初めて呼ぶジャンル

初めてのジャンルの女の子を呼ぶときはなぜかソワソワします。
こう言った緊張もデリヘルの良いところで、若い時のあの合コン前のワクワク感というか、合コンでお持ち帰りした時の感情とよく似ています。
「これから何が始まるんだろう!」と言う期待感と、「女の子に嫌われたくない」という不安感が入り混じってなんとも言えない気持ちになります。

玄関あたりでゴソゴソという音がきこたと思うと、ピンポーンと部屋のチャイムがなりました。
さあ、緊張の瞬間です。
そっとビビりながらドアを開けると、可愛い女の子がちょこんと立っていました。
さすが19歳、年齢に偽りはないようで、本当に若い女の子がやってきました。
女の子のファッションは今時の若い女の子といった感じです。

女の子は見かけによらず礼儀正しくて、部屋に入るなり、「本日は宜しくお願いします!」と深々と頭を下げられました。
お店の教育なんでしょうか?なんだか好感触でした。
私のエロい質問にちょっと恥ずかしそうにしながら答えている様子はとても興奮します。
性感帯や今までしてきた一番変態な事など、お決まりの質問を恥じらいながら答えると、だんだん顔が真っ赤になっていくのがわかりました。
よっぽど恥ずかしかったのでしょう、最終的には困った顔をして下を向いてしまいました。

「かわいい」

思わず口に出してしまいました。
ソファーの隣に座り、髪の毛をナデナデすると、一気に大人の表情に変わります。
耳元で優しく「早くしよ?」と聞くと「うん・・・。」と言って私の体に身を預けてきました。
彼女の唇は透き通ったピンク色で、ス〜っと吸い込まれるようにキスをします。上唇、下唇、どちらも非常に柔らかくて一瞬で彼女の虜になってしまったようです。
唇を甘噛みして下をぬるっと入れてみると、これだけで体がヒクヒクと痙攣したように震えています。
そしてそのままベッドに押し倒して、胸を揉みました。大きいとは言えない胸でしたが、ブラを外すと、程よい大きさのおっぱいが露出しました。
乳首はというとビンビンに勃っており、舐めると可愛らし声で悶えています。
同時に股間にも手を伸ばしてみると、せっかくの可愛いパンツが愛液でびちゃびちゃになっていました。
パンツの隙間から指を入れてそのまま挿入すると、滑りが良くって中指の根元まで入っていってしまいました。
クチュクチュと指でかき回すと、すけべな音が部屋中に響き渡ります。
2本目の指を挿入すると、彼女は硬直し、震えながらイってしまいました。
そのイッている姿がなんとも可愛らしくて、彼女が帰るまで私はずっと観察してしまいました。

今回の女の子を呼んだのはたまたまでしたが、なかなか出会うことのできないレアな女の子でしたので、次回から立て続けに呼んでみて自分の納得するまでとことん良い部分を吸収していこうと思います。
これだからデリヘルって面白いんですよね、デリヘルはまだまだやめれそうにありませんね( ^∀^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です