乳酸菌は発酵を促す優れもの

乳酸菌というと、発酵という言葉もワンセットと捉えられています。乳酸菌は乳酸を作り出し、自然なかたちで発酵を促します。乳酸菌が影響した発酵は、まろやかな酸味を帯び、風味に深みを与えます。また食品自体の細菌の繁殖を抑制しますので、乳酸菌が介在した食品は長期保存に適しています。

さらに、発酵の際には微量のビタミンCを生成するので、美容にも良いのです。昔から食されてきた、調味料の味噌は乳酸菌を多く含む発酵した食品の代表格です。また、保存食としても優れたぬか漬けも乳酸菌の発酵の力で美味しく漬かります。美容と健康に、乳酸菌で発酵した食品を数多く摂取したいところですね。

レーウェンフックが発見した乳酸菌

そもそも、乳酸菌はどのように発見されたのか意外に知らないのではないかと思います。乳酸菌を知るには発見者について知ることも重要です。乳酸菌というとフランスのパスツールが最初ではないかと思いがちです。科学者パスツールは確かに乳酸菌の発酵の謎に迫り、主に発酵が微生物の力により成し遂げられることを突き止めました。

しかし、最初に乳酸菌自体を見つけ出したのは、オランダのレーウェンフックです。微生物学の父とも呼ばれる人物で、顕微鏡を世界で初めて使い乳酸菌を観察しました。その後、乳酸菌の可能性を広げたのがパスツールなのです。多くの研究者の力により、乳酸菌は現在健康には欠かせないものであると認知されています。

発酵食品でキレイになる

乳酸菌により発酵した食品には数多の効能があります。 腸内環境を良くしてくれるので、便秘や下痢といった腸にトラブルを抱えている人に優しく作用します。 乳酸菌が腸に蔓延る悪玉菌を駆逐するからです。またビタミンも含まれるので美白などにも良いとされています。外国のスーパーモデルの多くがヨーグルトを食したり、顔にパックするのもこうした効果を知っているからにほかなりません。特にどのような物の中に乳酸菌が含まれているのか下記に記します。

・ヨーグルト


ヨーグルトは、乳酸菌が働くことで作られる食品です。発酵した際に出る酸味が強くフルーティな味わいに口当たりの良さが相まって、女性を中心に美容食品として愛好されています。腸内を健やかに保つためにも、何度でも食べたい発酵食品です。

・味噌


日本人の食卓に欠かせないのが、味噌です。味噌は戦国時代において戦に常備する保存食として、丸めた形状のものを武士たちは携えました。衛生状態の良くない戦場において乳酸菌の作用により発酵した味噌は、腐ることもないのでなくてはならない食品でした。そのヘルシーさから現代では欧米でも好まれています。

・ぬか漬け


ぬか漬けに使用する「ぬか」とは、煎った糠に塩と水を加え味噌のようになるまで練ったものをいいます。このぬかに野菜を漬け込むと野菜の持っている乳酸菌が、ぬかの塩分により繁殖して乳酸を作り、発酵して行く段階で美味しい漬物になります。酸味のある独特な漬物で、良いぬか床になると何十年と経過しても使用できる状態で現存します。老舗の漬物屋には年代もののぬか床を使用している所も多いようです。

これらの乳酸菌による発酵食品は美容と健康に大変効果的で、便秘の改善や顔の吹き出物の改善など、女性には是非摂取してほしいものばかりです。